読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つらつら。

ジャニーズってすごい!

渋谷すばる

渋谷すばるとかいう、ちっこい割に持っている魂がデカすぎる男の話をします。

 

 

 

面舵いっぱーい。

ヨーソロー、すすすです。

かなり久しぶりにパイレーツオブカリビアンを見たら「海賊いいやん…」って思ってしまうような単純脳な私。

 

さて、今回は渋谷すばる君の事を書いていこうと思う。

たぶん次あたりに錦戸亮安田章大丸山隆平村上信五…って続くと思う。

最後に大倉君で締めたらいい感じかな?

 

えーと、ここから先は元ジャニアンチ側な私が当時思っていたことをそのまま書いてあるから覚悟を決めた人から読んでいってほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は渋谷すばるが嫌いだった。

しつこい歌い方、汚い無精髭、態度の悪さ。

極めつけにヲタになる前に見たジャニ勉では眉間に皺を寄せゲストに不躾なことを吐き散らかしていた。

そんな渋谷すばるが嫌いだった。

小学六年生のあたりでほんの少しキスマイにハマり、ジャニーズ事情を知った私だったけど、相も変わらず渋谷すばるの事が嫌いだったんだ。

 

中学生になって、同じ部活の友達とTwitterで繋がり、そこでまた渋谷すばるを見かけた。その子が赤色Eighterで、Twitterもすばる仕様だったからだ。

最初は「あー渋谷すばる…」って思っていたけど、2か月もすれば「悪くはないのかもしれない」と思うようになってきた。

 

理由は単純、ジャニヲタの視点で見た「カッコいい渋谷すばる」を見てしまったから。

 

元々私はジャニアンチ*1側に含まれるような人間で、

「原作好きだったのにドラマの棒読み酷いわ」

とか

「歌下手」

「顔濃すぎ嫌だ」

といった具合に良いところより悪いところに目が行ってしまいがちだったんだけども、良い所を知っている人間が見つけた「渋谷すばるのいいところ」を見せてもらうことで、私の中に「渋谷すばるのいいところ」という引き出しがポンと増えたんだ。

去年の9月くらいには、「渋谷すばるのいいところ」の引き出しがパンパンになってしまって、入らなかった分の良い所を悪い所の引き出しに入れようと頭の中の引き出しを開いた。

そこで私は気づいたんだ。

今入れようとしていた良い所の「熱の籠った歌い方」は、私の嫌いなことろの引き出しに入っている「しつこい歌い方」と同じかたちじゃないか。

良い所の引き出しに入っているモノを漁ると、「冷たく突き放しているように見える雑なフリ、嫌よ嫌よも好きのうち状態」「ロン毛にヒゲ面」…

……これって、私が嫌いだった「不躾な態度」「汚い見た目」じゃ……。

あれ、私は何で渋谷すばるが嫌いだったんだろう。

 

 

結局アンチっていうのは、その人を理解する段階をめんどくさいと切り捨てた結果生まれるもったいない人間だったんだ。

この人がどう嫌いかを言うことにしか頭が回らなくて、すぐそこにあったかぁい温泉があるのに、裸を見せるのが嫌だからと入らないような人だったんだ。*2

 

私の場合、関ジャニ∞全員が嫌いだったわけではなくて、渋谷すばる単体が嫌いだったからこうやって好きになれたんだけど、全員が嫌いだった場合、もしくは周りにすばる君の事を好きだって言ってる人がいなかった場合は、きっと一生すばる君の事を嫌いなままでいたと思う。

 

「すばる君の事が嫌い」って人はこんなブログなんて見ないと思うんだけど、万が一(億が一)居たなら、Twitterのフォロワーが1万くらいいるすばる担の人のアカウントを見に行ってほしい。*3

私はそんな感じですばる君の良さを知ってしまったから。

 

そんなこんなで渋谷すばるさんは私の中の「渋谷すばる、ビジュアルも中身も嫌い。」という大きな壁を屁一つで吹き飛ばしてしまいましたとさ。*4

おわり。

 

 

ではでは、長い話も終わったところですしいつものやつを。

 

 

 

 

全てのジャニーズに敬意を表して一礼。お疲れ様でした。

ではまた。

 

 

 

 

 

 

*1:ほんの少しだけど

*2:例えが奇妙

*3:フォロワーが100台の人だと「まぢすばちゃんかゎいい、、、」とか多いし、1000台だと「すばる is 天使」って方も結構いるから、10000くらいの貶し愛しまくる人のアカウントで。

*4:たぶん目の前にすばる君いたらものすごい勢いでぶっ叩かれる